風俗営業許可書で風俗の営業を~エンジョイするために~

風俗の営業

風俗営業するには、風俗営業許可というものが必要になります。そのため、届け出を提出しなくてはなりません。ゲームセンターやガールズバーなどの風俗を経営する際は公安委に届け出を出しましょう。

詳しくはコチラ

許可書と検査は必要

風俗営業許可が必要な業種と行政書士の活用

風俗営業は通称「風適法」に規定があり、大きく接待飲食等営業と遊技場営業があります。 接待飲食等営業は、キャバレーなどの接待やダンスを伴う飲食店やダンスホール、スナック、喫茶店などをいいます。また遊戯場営業はマージャン店やパチンコ店、ゲームセンターなどをいいます。 これらの営業は許可制であり、店舗を管轄する都道府県公安委員会に風俗営業許可申請が必要です。実際の手続きは所轄警察署の担当窓口で行います。 風俗営業許可申請は個人でも可能ですが、費用を惜しまず確実性を求めるのであれば、これを得意する行政書士に依頼するのがベターです。風俗営業許可が下りるまで1ヶ月半から2ヶ月ほどかかるため、ちょっとしたミスで開店まで更に時間がかかってしまうからです。また当該業種で必要とされる要件と実体とが合っていない場合は、行政書士が事前に指摘してくれます。それに従って風俗営業許可申請までに整えておくことが可能になります。

風俗営業許可の注意点

風俗営業許可を申請したあとには、必ず検査があります。 その検査で申請と違うところがあると取り消しされてしまうことがあるため、自分でもきちんとしたチェックを行っておきましょう。特に、注意を喚起するための掲示物やテーブルと椅子の位置など、細かいところに気を配っておく必要があります。 また、風俗営業許可をとったあとには、少しでも変更することがあれば必ず届け出をします。違法であると判断されないために必要です。 風俗営業許可の許可証を紛失してしまった場合にも、必ずすぐに再交付申請を行うようにしてください。 警察に摘発されるのを防ぐためにも、充分に風俗営業許可について理解した上で、店舗の経営を行うようにしましょう。

風営法を守ろう

クラブやキャバクラなどの風俗は風俗営業許可を得る必要があります。そのため、様々な検査を通らなくてはいけません。検査を行ってもらうことで、風俗を営業することが出来ます。

詳しくはコチラ

ホームページは大切

風俗店は風俗営業許可書だけではなく、ホームページも必要になります。なぜなら、そのホームページは、店をアピールするためにもとても必要なものだからです。そのため、ホームページを作成してもらうと数多くの利用者を集められます。

詳しくはコチラ